FC2ブログ

LIFE is Rafting !!

いつか振り返ればきっと一瞬であろう、まるで”おとぎ話”な怒涛の子育て記録。

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

2人お風呂推進委員会

 16, 2015 12:00
先日、夢のような出来事がありました。


平日の夜、お風呂の時間のこと。
この日、機嫌の良かった娘が
一番にお風呂場に行き、
「あっくんもー!」と弟が続きました。

2人が無事に仲良く遊び始めた声が聞こえたので、
「この際、夕飯の後片付けを終わらせてしまえ!」
と、私だけがリビングに残っていたのです。

そうすると、いつもに増して、
仲良くキャーキャーと遊ぶ声。
私のことなど、忘れている風だったので、

さらに「この際!」と思って、
どうしても気になっていた読みかけの本を
「5分だけ・・」と手に取りました。

そうしたら、ついつい入り込んでしまい、
「げ!そろそろ合流せねば」と思ったその時、

「ママ〜、アキくん上がりま〜す!」の声。

「えー!ちょっとー!
 ママが入ってからにしてよー!
 アキくんの髪も体も洗わなきゃだし!」と私。

「へへー、アキくん洗ってあげたよーん。
 みはも洗ったよー。
 みはも、もうすぐ上がりま〜す!」と娘。


・・・・へ?!
おやおやおや・・?!

なんと!
姉弟2人だけでお風呂が完結した?!

・・・
そうなんです。

姉が弟をお風呂に入れてくれました。


実は、普段、ついつい
お風呂が遅くなりがちな我が家。


眠かったり、まだ遊びたかったりで、
娘をお風呂に入る気にさせるのすら
一苦労だったりするのに、、、
(入るの?入らないの?どうすんの?!、と常時揉める。)

しかも、
やっと娘をお風呂に送り込めたと思ったら、
脱衣所からキュンタロウが裸で脱走し、
私も半裸で部屋の中を追いかけ(もはやコント)、
その最中に、キュン様、“小”を床に放流してしまったり、、、


そんなこんなで、
お風呂という空間の中に
まず母子3人が揃う、というレベルから
日頃はドタバタだというのに、

なんとこの日、
私が片付けと読書をしている間に、
子ども達2人のお風呂が終わってしまった、、、と。


ウソみたい・・!
いや、夢みたい・・!!


何年か前に、
友人のFacebookで、

その友人の5歳の息子さんが、
一人でお風呂に入るようになった &
お風呂掃除までしてくれた!

的な投稿を見て、
当時娘がまだ2歳くらいだった私は、

「そっか〜、5歳になったら、
 お風呂も一人で入れるんだあ!
 5歳ってすごいわ〜、雲の上だわ〜」

なんて、すごく印象的だったのを
覚えているのですが、

いざ自分の娘が5歳になっても、
一向に一人で入るような気配もなく、
ましてお風呂掃除なんて、
頼んでも「ヤダー!」とか言われて、

「そっか・・・、あれは、
 5歳という年齢のなせる技ではなく、
 あの友人の子が、素晴らしい子だったんだ!」

と、少し前に
ようやく気づいたところだったのです。


でも、この日に限っては、

「うちの子にも、ついにそんな時期が!?」
「キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!」

的に嬉しくなってしまいました。


そして、2人を寝かせた後、
一人ゆったりお風呂に入ったのでした。至福!


それで、味をしめたワタクシ。

お風呂後、とにかく褒めまくって、
娘に感謝しまくって、
色々おだてて、のせて、

その翌日も、
同様に姉弟2人だけで入ってもらったのですが、、、

ま、人生、
順風ばかりではないですよね。ハイ。

やけに盛り上がって遊んどるなあ、と
お風呂場の様子を見に行ったら、

私が気に入っていた
ちょっといいシャンプー&トリートメント、、、、

洗面器だのバケツだのに、
遠慮なくジャボジャボ投入された模様。

まだ7〜8割方、残っていたはずなのに、
残り2割ぐらいまで、
まさに“泡”と消えてしまいました。涙

そんで、湯船も泡だらけ・・。

床はヌルヌル、
子ども達もヌルヌル。

オーマイガー・・・。


子ども達の洗い直し、
お風呂場の再掃除、
お気に入りのシャンプーちゃん達、、、

一瞬の自由の代償は大きかったです。ハイ。


でも。

これに懲りずに、
もうちょっと環境を整える、
作戦を練る、等
(使われて困るものは片付けたりして。笑)

「姉弟2人お風呂推進委員会」を
一人、結成する所存でおります。

それが時々でもうまくいけば、
これからの寒い季節、
私一人でゆっくりお風呂に入れるやもしれぬ。

そうなったら最高だな〜と妄想しながら・・。


あー、大嫌いな冬が近づいてきています。



追伸:
しょっちゅう書いてはいるけど、
2人でお風呂に入っちゃうくらい、
とにかくお姉ちゃんが大好きな弟。

その真似っぷりには拍車がかかる一方です。

先日も、娘が夕飯中に味噌汁にむせてしまい、
「ママー鼻から味噌汁出た〜!!」と
ケラケラ大笑いしていたのですが、
(これもどうかと思いますが、笑)

ふと、キュンタロウに目をやると、
自ら味噌汁椀を鼻の穴に近づけて、
鼻に流し込もうとする姿が。

えーーー?!それも真似ー!?
と、娘とともに爆笑。

相変わらず、愛すべきキュンタロウです。
スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。