FC2ブログ

LIFE is Rafting !!

いつか振り返ればきっと一瞬であろう、まるで”おとぎ話”な怒涛の子育て記録。

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

丈夫すぎる妊婦の残り40日

 20, 2016 15:29
昨日、ふとしたきっかけで、
「出産予定日まであと40日」
と知りました。

え・・?!
40日しかないわけ?

40日前と言えば・・・
数えたところ、9月10日。

えぇぇー、もう、ほんの最近のことじゃん。

それくらいの日数を過ごす内には、
もう産まれてるわけだよね・・?
と、我が事ながら、どこか唖然としとります。


たとえ3度目と言えども、
出産への不安や戸惑いはいくつかありまして。


まず一つは、やっぱり痛み。

2人目の時「途中経過は1人目よりマシだけど・・、
最後の痛さは・・結局一緒やん・・・!!!!!(悶絶)」
と、まさに「痛感」した経験から、
今回も、最後はあの痛みか…と思うとやはり憂鬱。

無痛とか和痛とか、眩しき医学的解決法が、
頭をよぎらなくもないけど、
「最後はそんなに変わんなかった」とか
「経産婦だったから、麻酔がしっかり効く前に
 お産が進んであまり意味なかった」とか
「無痛や和痛にすると、お産が長引く」とかいう
経験談を耳にすると、貧乏性に費用対効果とか考えて
「じゃあいいか」と感じてしまうし、

・・・あとは、変な話、どこかMなんでしょうか、
「痛みを越えなきゃ」みたいな、
我ながら意味不明な思いも、
なぜかなぜかかすかにあってですね、
どこか無痛・和痛には乗り気になれず・・。

そんなわけで、
間違いなく襲われることがわかっている痛みゆえ、
それを思うと憂鬱であります。


続きまして・・・

いざ産気づいた時の対応への不安。
今回、初めて里帰りをせず、東京で出産しますが、
計画分娩ではないため、
いつどんなタイミングで産気づくかわからず、
そこが何よりの不安。

例えば、平日の夕方以降、
「夫はまだ会社、私は子ども達2人と自宅」
みたいなタイミングで産気づいたらどうすんのよ?
ってやつです。子連れでは行けない!
(今回、ヘルプに来てくれる予定の福岡の実母も、
 事情により、生まれた連絡を受けてから
 こちらに向かうことになっており…。)

もちろん、色んなパターンの想定と、
友人達からの有難いヘルプのお申し出を沢山いただき、
できる限り体制を整える方向にはしているのですが、
それでも、想定通りスムーズにいくかなんて不透明。

そもそも、そのタイミングで、
我が子達がどんな状態かにもよるし、
(寝てる・起きてるとか、体調とか、機嫌とか)

ヘルプを申し出てくれている実の妹や
近所の友人の皆さんにもお子さんがいるから、
タイミング良くお願いできないかもしれないし、

それに、3人目のお産の進行は、
噂でも、経験談でも、かなり早いと聞くので、
私もめっっちゃ早かったらどうしよう、なんて。
色々対応している内に、あれよあれよ自宅で、とか
タクシーで向かってる途中に車内で、とか・・・
イヤイヤイヤ、まさか、まさか、ないよね・・?と。


もうね、スーパー身勝手な理想を言えば、

平日の午前中、子ども達2人を園に送り届けた後に、
「おや・・?」と徐々に産気づき、
園に延長保育などの手配を済ませ、
(MAX19時くらいまでは預かってくれる)
お昼頃に一人落ち着いて病院へ向かい、
夫には会社から直接病院に来てもらい、
3人目ゆえ、夕方頃までにはポロンと生まれ、
夫が子ども達をピックアップできる。
(あるいは、妹や友人にお迎えだけしてもらい、
 そう遅くならない内に、夫が引き取れる。)

・・・というのがベストスケジュール・・・
でーすーがー(笑)、
まー、そうはいかないですよね。

ちなみに、陣痛の始まる時間帯を研究した
統計データを調べたところ、
想像通り「昼間 < 夜間」で、
特に、午前1時〜5時頃の間が最も多いのだそう。
確かにうちの上2人も、上記の範囲だわ・・。

はぁ。

仮に、真夜中に産気づいた場合・・・、
一応、実の妹が「夜中でも預かる」
と言ってくれてはいるけど、
そればかりは、状況によってわからないし、
最終的にどうしようもなければ、
夫に子ども達を任せ、やっぱ私一人で、
産院へ向かうわけですよね。

孤独な戦い・・・かあ。なんだか、
陣痛で「痛くて死ぬ…(悶絶)」って時も、
「生まれたー!!!」って瞬間も一人、・・・って
寂しいわ。。(3人目にしてナマぬるいのかな、私)

あとは、2人目の出産の時、
産後の出血が処置をしてもなかなか止まらず、
どんどん意識が遠のく体験をしてしまったため、
そこに漠然と恐怖もあるんです。
そんな時、一人は嫌だな・・、って。

だから、できることなら昼間に産気づいてほしい。
昼間なら、想定パターンのバリエーションも
夜より多いから。涙
頼むーーー!

・・・というのが、不安その2であります。


あとは、こまごました不安や戸惑いが色々。

「生まれたらなかなか身動き取れない!」との思いから、
妊婦にしては、今かなりアクティブに予定を入れており、
仕事も予定も11月前半までは結構入れているので、
それをちゃんとやれなかったら困るなあ、とか。

2人の子ども達がこの夏から、
2段ベッドで寝るようになり、
上の娘が生まれて以来、かれこれ6年ぶりくらいに、
夫婦で広いベッドを独占しており、
(しかも、夫は結構な頻度でソファで寝落ちするので、
 その時は、私一人で悠々とベッド!)
それが、あと40日もしない内に終わる未練とか。

キュンタロウが引き続き可愛すぎて、
産後、より幼い存在を本能的に守ろうとする母性により
この子を煩わしいと思う場面が頻出したらどうしようとか、笑
もしかして、キュンタロウとの蜜月が終わるのか、とか、笑
(またも『愛しき男児の生態』の続編を書きたいほどのネタが…)

娘のチアの大会や、
幼稚園のクリスマス祝会(幼稚園最大の行事)を
ぶじ見に行けるかどうかとか、

そもそも、想定外の妊娠だったため、
キュンタロウの成長ともに
ベビーグッズやお洋服を、
ことごとく譲ったり処分したりしてしまっており、
それをどうしよう・・、とか。

(・・・とはいえ、妊娠発覚以来、
 これまた有難いことに、
 色々お譲りいただいております、m(_ _)m
 ご好意に甘え、特に以下のものをお貸しくださる方、
 お譲りくださる方、いらっしゃいませんか?♡
 ・・なんて、こんなとこで呼びかけてみる!)

--------------------
・エルゴ(&インサート)
・授乳クッション
・50〜70くらいの男児ベビー服(夏物・冬物問わず)
・新生児〜3ヶ月頃用の冬用の帽子

よろしくお願いします♡
--------------------


あとは最後に・・、「不安その2」に関連して、
生まれる日程にも気がかりがありまして。

実は、福岡の実母が、家業との兼ね合いで、
どうしても11/15までは東京に来られず、
義母も11月上旬は都合がつかず、
万一、11月の1・2週目に生まれた場合、
一体誰が、上の子達の日々の生活を見られるのか。
夫が仕事を休むしかないのだろうけど、
それって現実的なのかな・・、って。
(なるようにしかならないとは思うけれども・・)

だから、この点も、
ウルトラ身勝手な理想を言えば、
11/21(月)or11/22(火)がベスト!

そうすれば、11月前半の予定や仕事をこなすことができ、
実母が東京に出てくるにも日程に余裕があり、
11/23(祝)の存在のおかげで
夫が会社を休む日も少なくて済み、
退院がその週末の土日に当たるから家族が付き添える。
更に、この日程なら、12月の娘のチアの大会まで
約3週間が開くため、ちょっとなら見に行けそうだし。

もう言うことなし!!笑


そんなわけで、お腹の子には、
ウルトラスーパー身勝手に、

「11月21日(月)or 22日(火)の
 午前中でお願いね。」

と呼びかけ、神様にも願う日々です。

第二希望は、
11月18日(金)の午前中で。笑


まあ・・・・
そーーーんな都合良くはいかないと思いますが、
単純に予定日の1週間〜10日前くらいだし、
上の2人も、予定日よりは若干前だったので、
そこまで非現実的でもないかな、と。

果たしてどうなることやら。
乞うご期待!笑


というわけで、色々と不安もあるのですが、
残り40日、丈夫なのをいいことに、
引き続き駆け抜けようと思います。
産む前日までママチャリ乗ってる自分が想像つくなー。

みはる検診で偽赤ちゃん抱っこ 

↑2週間ちょい前ですが、
検診に付いてきた娘。
「今ちょうど、このくらいの大きさよ〜」と
その週数の赤ちゃん人形を抱っこさせてもらうの図。
スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。