FC2ブログ

LIFE is Rafting !!

いつか振り返ればきっと一瞬であろう、まるで”おとぎ話”な怒涛の子育て記録。

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

「家計再生元年」の、その後

 02, 2017 15:17
今年の一月に、
「家計再生元年」というブログを書きました。

「見て見ぬふり」「臭いものに蓋」を
何年も続けてきた家計に、思い切って
メスを入れる決意をした時のものです。
ツグも生まれたことだし、さすがにもう逃げられない、と
腹をくくりまして。
(何事も追い詰められないとできない派)

ただ、メスを入れる、…と言っても、
自分でやるのでは客観的にもなれないし、
何より面倒だし、またも先送りにしそうなので、
元FPという人脈を頼りに、
FPさんを交えて家計再生に臨んだ私。

その第1回コンサルの感想は、
家計再生元年」の時にも書いたので、
今日は「その後どうなった?」の話を。

あれから約半年弱。
大きく変化のあった3点について
レポートしてまいります!笑


1)まずは何と言ってもコレ。

これまで何にいくらくらい使っていたか、
大体の把握ができたことで
(使途不明金、多すぎ!と判明したことで)苦笑
無頓着に使いすぎていた部分をさすがに修正。
主に、週末レジャーや外食などの+α部分を、
ざっくりと予算で考えるようになりました。
逆に「ここは削れないから仕方ない」という
必要な出費には前向きに。

なんかねー、スッキリしてるんですよ。
お金に関する気持ちが。予想以上に。

実は、メスを入れる前は、
「お金を細かく管理することになったら面倒だな」とか、
「気持ちのゆとりが狭くなるかな」とか、
そんな心配をしていたんですが、

私に関して言えば、実際には逆だった。
むしろ、基準がハッキリしたことで、
使うにもやめとくにも、気が楽に。

まあ、1円単位で収支を合わそう!とか
予算もきっちり厳密に!みたいに、
トコトンやるなら話は別ですが・・・、

私の場合は、月単位や年単位で、
「これにこれくらいは必ずかかる、
 逆に、年間の収入からいうと、
 これにはこれくらいしか使えない」
というのが見えたことで、
「その大まかな範囲内で融通を利かせながら使う」
というやり方を取り入れ、
厳密にはやらずに、大体の上限は守る、
みたいな形にしてみました。
その程度の管理なら、気楽なものです。

考えてみれば、これまでは、
どんな出費についても、
「使っていいかなあ、ダメかなあ・・、
でも、いいか!必要よね!うんうん!」的な感じで(笑)、
良くも悪くも、開き直ってやってきて、
心のどこかに微妙なストレスを抱えてたので、
そんなモヤモヤ感との決別が
思いの外、効果が大きくて。

とにかく、必要なものには、
スッキリスパッと払って感謝完結!
迷うものは、”ザックリ予算”と相談して判断!
無頓着な使い方だけは、あらためる。

そんな感じで、気持ちはとってもスッキリなう、です。

しかも、ちょっと気持ちが整ってきたら、
「日頃の使い方を記録でもしてみるか」
みたいな気持ちにもなってきて、
(我ながら驚愕)
4月下旬から家計簿アプリで、日々の出費を
これまたザックリ、記録したりしてます。

「データをきちんと集計して、グラフ化して・・」
とか思うと、またハードル上がるので、
まずは単純に記録から。

そのうち、また気持ちが整ったら(笑)
そのデータをまとめて見直したりしたいな、と。
(いつになるやら。)

とにかく、一歩ずつ一歩ずつ、
亀の歩みながら、家計を再生できてる感です。
まだ貯蓄ペースがつかめてませんが。苦笑
(そこ大事やろ!)
ガンバリマス。


2)続きまして、次のトピックス。

--------
「鈴木家、保険の保障額が足りなくて、
今、夫に万一の事態があれば、
子供と私、早々に路頭に迷うぜ!!」
--------
てな事態を回避しました・・。

住宅ローンの団信もあるから、
万一夫が亡くなっても家は残るし、
既存の保険でもそこそこカバーしてるし、
正直、保険についてはそんなに心配ない、
と思っていた私、スットコドッコイ。

先々の支出予測や、遺族年金などのデータをもとに
必要な保障額を割り出してもらったら、
とんでもなく足りない。。

とは言っても、単に保険を増やす、
というのは、今の家計上ちょっと負担だったので、
既存の保険の少し厚すぎた分野を削り、
逆に足りない分野に保険料を回した次第。
つまり、ほぼ変わらぬ保険料で、
内容をアップデートできました。

保険って、かければかけるほど安心ではあるけど、
じゃあ、多くかけるのがいいのか?というと
それまた微妙なところで。
(私が現職FPだった頃も、この天秤には頭を悩ませてた気が…)
価値観や家族状況との兼ね合いもあるから、
絶対の正解は難しいけれど、とにかく、
その時々の家庭にとって、納得のいくバランスになるよう
時折整えることは大事だなと感じたところです。

ま、とにかく、夫の人間ドックが本格的に始まる前に、
保険を見直せて良かった…。
(不摂生な夫。そろそろ人間ドックで何か出そうなので。苦笑)


3)最後に・・・
これは、メリットでもあり、ある種デメリットでもあり、
でも最終的にはやっぱりメリットだった、
と思っている点なのですが。

とにかく、家庭内のお金の膿を出し切った!!!

これが、今回の隠れた成果かもしれません。


いやね、正当化するようですがね、笑
過去にも、お金のことをちゃんとしようと
よぎったことは何度もあったし、
実際、着手したことも何度かあったんです。
家計に関する本を読んで、実践を試みてみたり。

でも、
家計のことに手を付け始めると、
毎度毎度、夫とケンカになりまして。

やっぱり、お金って、たとえ家族であっても
ナイーブな部分だから、
お互い嫌な部分を突かれることにもなるし、
何かと我慢みたいな話になりやすいし、

しかも、お金のことってやり始めると結構面倒で、
手間がかかったりするものだから、
そんな私の手間に対して、
夫に理解のない対応をされたりすると、
(面倒くさそうにされるとか、イチイチ渋られるとか)
私がブチ切れて、大ゲンカになったり・・。

そんなこんなで、
「結局、疲れただけだった…」とか
「こんなに疲弊してまでやることない!」とか、
そんな気持ちで諦めたり、
或いは、やり始めたものを中途半端にしたりして、
ここまで来たわけです。

でも。
今回は、心に決めていました。
何が何でも、キリが付くまでやる!と。

今までは途中でやめたから、
「疲弊しただけ」という結果だったけど、
今回こそはFPさんを付けて一通りやりきれば、
きっと違う結果が見えるはず!と、
ただ盲目的に自分を過信して。笑
そのために、多少の手間は私が負う!と。
(偉いなー、偉すぎるなー私)

その結果。

もちろん、今回も例外にもれず、
夫とケンカしまくりました。

でも、でも、そこでめげなかった!

「お金の話を、何度もするのはストレスだから、
 もうこの先に、また同じ話で揉めないよう
 今、面倒がらずにちゃんとしよう」と。
「今やめたら、近い将来、またイチから
 同じストレスをやり直すことになる。
 それは避けよう」と。
自分にも夫にも言い聞かせて。

そして、2人で家計の現状や将来に目を向け、
"ザックリ予算"のことも、保険のことも、
ローンのことも、話をしました。

もちろん、お互いが冷静に和やかに意見を出し合う、
なーーんて理想的な話し合いとは程遠いけれど、
(度々私がキレたり、夫が不機嫌になったり)

でも、ケンカしながらも何度も話す中で、
一通りのトピックを話し切り、
保険は見直し終わり、家計や貯蓄についても、
「こんな形で、しばらくはやってみよう」という
一応の方向性を共有できた。


過去の言い争いの経験からか、
当初、お金の話にはかなり後ろ向きだった夫も、
きちんと目に見える形で現状やデータが見えてくれば、
徐々に、心のシャッターを開け、
話に応じる姿勢を見せ、理解も示してくれた。

(いや、以前はですね
 「そもそも家計っていう家族の話なのに
 何シャッター下ろしとんねん!」というところに
 私がキレて、何も進まなかったんです。

 今でもそう思うけど(笑)、何も進まなくては仕方ないと、
 今回は割り切って、とにかくめげずに進めた私。
 偉いなー、偉すぎるなー私。笑)


そんなわけで、家庭のお金の膿や火種や不安を
とにかく投げ出さずに出し切って、
夫婦でスタートライン?的なものに立てたことが、
何よりの隠れ成果だった気がしています。


・・・というわけで!
以上、3点。
鈴木家の変化をお伝えしてまいりました。
いかがでしたでしょうか?笑


今回、実際にFPさんと一緒にやったのは、
ブラックボックスだった
家計の現状の確認面談と、

家計の年表を作成してもらうべく、
必要な情報や夫婦の考えを提供したりしたことと、

出来上がった年表の解説や、
特に課題となる点についての
フィードバック面談を受けたことと、

その対応策として、
保険の見直しやローンの借り換えなどの
相談をしたこと。

そんな流れです。

実際にFPさんと会っていた時間は、
計3回の数時間程度だったかもしれません。

でも、それをきっかけに、
表面的ではない根本的な変化の種が
鈴木家に芽吹いてきた気がしてますーー。涙
やっただけのことはあったYO。
がんばったー!


というわけで、
このスタートラインが、
僅かずつでも軌道に乗るように。
大きくは(笑)後退せぬように。

引き続き、ざっくり、ゆっくり、前向きに。
がんばってみる所存です!


追伸:前回も書きましたが、
やっぱりFPって必要だな、
相談できるといいな、と実感してるので、
もし良いFPさんが身近にいない、って方がいたら
紹介します。(^^)

金融知識という点でも助かるのだけど
それ以前に、第三者を交えるという冷静さや、
「この日までに確認しなきゃ」的な
締め切り効果により事態が進む、
ということが、まず何より。

今回担当してもらったのは、
私がFPをしてた時の同僚で、
その後独立して事務所を構えた方。

どんなFPさんかは、
前回のブログに紹介してるので
もし興味のある方がいたら
コメントか個別に連絡ください!
(LINEやFacebookメッセージでも)

前回も結構連絡があり、
何名か紹介して、その中の数人は、
↑の私のように、膿を出す最中のようでした。
がんばれー!!
スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。