FC2ブログ

LIFE is Rafting !!

いつか振り返ればきっと一瞬であろう、まるで”おとぎ話”な怒涛の子育て記録。

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

ツグ丸の試練

 09, 2018 02:20
うちの次男・ツグ丸ですが、
4月から保育園に通っております。

小規模保育園なので、
同級生はツグを入れて6人というアットホーム感。
そして、おそらくですが、
ツグ以外、全員が第一子!

4月の入園初日、
ピタリとママから離れない子ばかりの中、
日頃から揉まれまくっているツグは、
トテトテと興味のままに歩き回ったり、
どっかり座ってニコニコしたりと、
堂々としたものでした。

周りのママからも「落ち着いてますね」
「貫禄ありますね」なんて言われる始末。

まあ、事実、ヘビー級にBIGでして、
(成長曲線、体重は標準を突き抜けた…)
以前から幼稚園の送迎で抱っこしていると、
「部長」だの、「親方」だのと呼ばれていたほど。笑
なので、「貫禄ありますね」なんて、
もう日常茶飯事です。
そんないつも通りの姿に、ホッとした入園式でした。

・・・が、しかーし!
それも初日のみ。
ツグ丸に試練が訪れます。

まずは、思いの外、離れる際に大泣きすることが一つ。
そして、もう一つが「給食」でした。

ツグ丸。
それはそれはよく食べるのです。
間違いなくキュンタロウより食べる。
しかも、好き嫌いがないどころか、
「キミは、食べられれば何でもいいのね…」と
こっちが驚く(呆れる)ほど、
なんでもかんでも食べる、という感じ。

(例えば、茹でたうどんの麺がざるに余っていたら、
それを味も付けずに、そのままひたすら食べるとか。
あと、魚焼きグリルを洗い忘れていたことがあって、
ふと気づいたら、グリルを自分で開け、
プレートに残っていた魚のカスと、
固まった塩味の油をこそげて食べていた!!、とか・・。苦笑)


なので、入園前の面談でも
「すごくよく食べるので、給食が足りるか心配です」と
伝えていました。


ところが。

慣らし保育が進み、給食が始まってみると・・・
まさかの、食べない・・・!!!

先生曰く、
「なんだかストライキでも起こしているみたいに
給食をほぼ食べないんです。」
とのこと。

お魚、苦手ですか?
お野菜、苦手ですか?

などと連日聞かれますが、
「家ではそんなことないんですけど…」としか
答えようがありません。

家でしか食べたくないのか、
食べさせてもらう相手が母でないのが嫌なのか、
色々安心できないのか、
とにかく、1週間ほどの間、
毎日お腹をすかせているのが不憫で。
食べるのが何より好きなツグ丸には大きな試練でした。

そんなこんなで、帰宅するなり即ご飯を食べさせる
慣らし保育の日々。

幸いその後、慣れてくるにつれ、
徐々に給食を食べるようになり、
最近では「完食」という連絡帳以外見なくなってきて、
私も安心したのですが・・・。


そこからは、次なる試練。

今度は、従来の心配通り、
明らかに足りてない・・・!笑

実際、お迎えをした瞬間から、
「パ!パ!パ!」と「パ」を連呼。

ツグ丸にとって「パ」は
元々は「パン」のことで、
それが転じて、今は食べ物全般を「パ」と言っているので、
つまりは「食べ物よこせ!!!」てな感じかと思います。

毎日帰宅後、靴を脱いで、
真っ先にツグ丸が向かう先は炊飯ジャー。笑
そこを指差しては「パ!パ!パ!」。

早速ご飯を茶碗1〜2杯平らげ、
それでも足りないツグ丸。

次は冷蔵庫を指差して「パ!パ!パ!」。
お魚ソーセージとか、チーズとか、
そんなんが入っているのを知っているので、
それをよこせと。

更にそれを食べてなお、パンの袋や
私のカバンの中のおやつ袋を引っ張り出してきては
「パ!パ!パ!」。

本当に冗談抜きに、誇張抜きに、
毎日こんな感じです。

一時期は、夕飯前だから・・・と
なんとかごまかしたり、
泣かせて待たせてみたりもしたのですが、
あまりに毎日毎日のことなので、
「先に夕飯の一部を与えていると思って」と開き直り、
ご飯だの納豆だのお魚ソーセージだのと、
おやつ以外は食べさせたりしています。

それで、できあがった夕飯は控えめかと言うと、
そんなこともなく、しっかり夕飯も食べ、

その上、夫が後から帰宅して、
一人で夕飯を温め直して食べていると、
そこにも寄って行き、「パ!パ!パ!」。笑

もう本当にどんだけ食べるんだろうと心配になり、
小児科の先生にちらっと相談してみたりもしたのですが、
「大丈夫、その内落ち着くから。
 甘いものしか食べないとか、
 家族全員が肥満というわけじゃなければ、
 気にしなくて大丈夫よ。」とのこと。

そっかあ、そんなもんかあ・・・。
上2人が食べキャラではなかったこともあり、
この感じは初体験で、
腑に落ちたような、そうでもないような。苦笑

コレ、本当にその内落ち着くのでしょうか・・・。
万が一、このままのペースで成長していくとしたら、
ただでさえ大食いと言われる部活男子になる頃なんて、
どんだけ米を炊くんだろう、と不安しかないです。苦笑


そんなわけで、
こんだけの大食漢・ツグ丸からすると、
あの赤ちゃん仕様の保育園の給食なんて、
多少おかわりができたところで、
「これは味見か?試食か?」みたいな感じかもしれません。笑

最近では、幸いにも、
離れる時の大泣きはすっかりなくなり、
トコトコと当たり前のように遊びに入るようになって
保育中の様子も楽しそうな感じなので、
まずは一安心なのですが
給食の量だけは、引き続き試練のようです。

(保育園では、そんなにお腹が空いたそぶりは
 見せないそうなので、やっぱりどこか遠慮してるのかなあ。
 ちょっと泣けてしまうじゃないか。)

頑張れ、ツグ丸。
そして頑張ってくれてありがとう!ツグ丸。

中年のおっさん級に出っ張ったお腹も、
こぼれ落ちそうなほっぺたも、
丸々とした全体のフォルムも、
頭でっかちの2頭身のようなバランスも、
全体的にゆるい動きも、
満面の笑みも。
・・・
相変わらずキミは、母にとって
ただただ可愛く、ただただ癒しの塊です。


追伸:
ツグが保育園に行き始めて以来、
洗濯物の量が半端なく、
それが母の試練。涙

ただでさえ子どもが3人になり、洗濯してもまた洗濯…
みたいな感じだったのに、
保育園で強制的に1〜2回着替えてくる上、
食事エプロン、お手ふきタオル、よだれかけ等々の小物も
2セットずつなどが毎日の洗濯なので、
もしたった一日でも洗濯を逃そうものなら、
洗濯物が手に負えない感じに。。
今から梅雨が憂鬱。
洗濯だけのために家事代行とかお願いしたいくらいです。

でも、保育園に入れただけでも万々歳なので、
愚痴は心の中だけにします!
…って、早速心の中からはみ出してますが。笑

玉乗りカットソーのツグ
↑私の妹からのプレゼントのロンT。
ツグ以上に似合う人、いるのかと思う。笑

お腹でっぷりツグ
↑お腹どーーーーん!
部長!

パンを持ってくるツグ
↑パンを食べさせろと持ってくる

ソファで寝落ちしたツグ
↑外に遊びに行きたくて、靴を持ってくるも、
その望みを叶える前に、睡魔に負けたツグ

スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。